旅行にはコロンビアの速乾性Tシャツ「アーバンハイクシャツ」が超便利!3年目バックパッカーが教えるベストバイ!

バックパッカー

こんにちは!

国内格安旅行をテーマに旅をしているバックパッカーのTongue Jun(タンジュン)と言います!24歳の男です。

おしゃべり好きで単純なやつだからこんな名前です笑

数年前までは地方の中小企業に勤める平凡なサラリーマンでしたが、仕事がイヤでイヤで鬱になりました。

少しの光も見えないどん底の暗闇の中で、一度きりの人生なんだから好きなようにお金を稼いで、好きなように生きよう!!と決心。

現在は、日本各地を旅しながら、wifiを使ってPCで仕事をする生活をしています。

旅行歴は3年ですが、その3年間はずっと旅です!!

いつもお財布はすっからかんで、ギリギリの生活ですが・・・。

そんな僕が、旅行を楽にする便利アイテムの速乾性Tシャツをご紹介します!

旅行ではコロンビアの速乾性Tシャツ「アーバンハイクシャツ」が便利

荷物シャツ

今回紹介するのは「速乾性シャツ」なんですが、聞いたことない方のために説明しますね。

「通常のシャツ」は、主に自然由来の綿や麻で織られているんですね。

「速乾性シャツ」とはその繊維自体が全く異なり、人工的に作られた専用の化学繊維を使用することで、シャツに汗や水分を含みにくく、すぐにカラッと乾く代物です。

汗をかいても肌がべとつかないという長所が主にクローズアップされているものなので、スポーツをしている方には馴染み深い商品だと思います。

ですが、今回オススメしたいのは汗だけでなく、洗濯後の乾燥時にもその長所が活かされるというところ!

 

View this post on Instagram

 

パナックさん(@panack)がシェアした投稿

実際に私が使用しているのはコロンビアの「アーバンハイクシャツ」という速乾性シャツです。

これ一枚で1週間旅をしたこともあるんですよ笑

楽天市場で2900円で購入することができました。

速乾性Tシャツが大活躍するその理由!

バックパッカー2

僕はバックパッカーなので極端な例になりますが、「これから自分もバックパッカーになりたい!」というだけではなくて、一般的の人になります。

バックパッカー経験の中で、一般の旅行者にも速乾性Tシャツをオススメする理由は以下の二つです。

利点1:汗を書いても安心

汗だく

1つ目の利点は汗をかいてもすぐに乾く事です。

バックパックには長期間旅行に備えた様々な荷物が入っています。

私の場合はノートPC、衣類、勉強道具、充電器もろもろなど、これを背負って一日20キロほど歩くわけですが、冬だろうと夏だろうと汗をかきます。

汗でべたついた体は身体的ストレスになるだけでなく、衣類に汗を含んだままにしておくと体温がどんどん奪われ、そのまま風を引いてしまうことだってあります。

旅行中の病気は、せっかくの観光が台無しになるほか、かかりつけの病院に駆け込むこともできないので、何としても避けなければいけません。

ですので、かいた汗がすぐ乾くという速乾性シャツは旅程の健康面を考えて、非常に重要なのです。

普通の旅行でも、特に夏場は歩いているだけでも汗をかきますよね?

湿ったTシャツを着ながらは観光地を廻るのは嫌なもの。

速乾Tシャツなら汗も気にせずに、快適に旅行を楽しむことができます。

 

利点2:荷物がとても少なくなる

旅行 準備 面倒

速乾性Tシャツの利点2点目が、荷物が少なくなる点です。

私はバックパッカーなので、とにかく持っていれる荷物に限りがあります。

速乾Tシャツは、乾くのが早いので、旅先で洗濯可能です。

私の場合はl入浴の際にその日着てきた速乾性シャツをボディーソープでもみ洗いして、よーく絞って、寝床に干しているわけです。

一般的なシャツでは朝になっても乾いてないことがありますが、こちらの速乾性シャツだとカラッカラに乾いています。

洗濯できるので、、4泊5日の旅行に行くとしても、まるまる5日分のTシャツを持っていく必要がないので、大幅に荷物を減らせます。

私の場合は一枚で補えてしまうんです!

一般の人でも2枚で十分ではないでしょうか?

「アーバンハイクシャツ」に助けられた静岡横断ハイク

ハイク

この間1ヶ月ほどかけて、静岡県を東から西に、熱海から浜松まで徒歩で歩きき切るという挑戦をしました。

季節は夏、太平洋側の強い日差しがギラギラと照りつける中、毎日せっせと歩きます。

当然、汗はもうダラッダラ。

でも「アーバンハイクシャツ」があれば安心。

通常のシャツなら背中は汗で地図ができるほどビッショビショになりますが、夏の日差しの中でも海風のおかげもあって、汗をかいたそばからどんどん乾いていきます。

1ヶ月間猛暑の中を歩き続ける過酷な旅でしたが、「アーバンハイクシャツ」のおかげで汗のジメジメに悩まされず、快適に無事にゴールすることができました。

そして、宿はホテルなどを利用するわけではなく、各地域のインターネットカフェや漫画喫茶、健康ランドをメインに宿泊していました。

大浴場があれば申し分ないのですが、シャワーさえあれば洗濯ができます。もちろん旅行時はその日の疲れを次の日に残さないということも非常に重要なので、入浴を欠かさないことが大切ですけどね。

1ヶ月間毎日、お風呂に入るときに速乾性シャツを一緒に洗ってました。

1ヶ月間の旅でしたが、荷物を極端に少なくできて重力を軽くできたのも、厳しい旅を乗り越えられた要因だと思います。

ちなみに僕が編み出した、よりしっかり乾かす裏技なんですが、バスタオルなどで、海苔巻きを作るときのように洗ったシャツをくるくると巻いて余分な水分を吸ってから、干すとすぐに乾きますよ。

速乾性シャツを着て、バックパック背負って、あとはGO!

いかがだったでしょうか。

徒歩がメインのバックパック旅行や、日差しの強い地域、湿気がある地域への旅行を計画している方、衣類の荷物を極力減らしたい方の中で「何を着ていくのがベストなのか、わからないな」という方には自信を持って速乾性シャツで行っちゃいなよ!とご助言できます!

旅行中の汗の問題、洗濯の問題、荷物の軽量化、と、このアイテム一つで三つの問題を解決してくれるのですからマストバイです。

この記事が、少しでも多くの皆さんが旅に出るきっかけとなってくれたら嬉しいです!

関連記事

徒歩旅行 靴

徒歩が多い旅行にはこの靴!NIKEのズーム ストリーク 6を紹介!

コンセント

海外旅行であると安心!日本と同じ環境で電気を使うなら旅行用変圧器&変換プラグ

海外旅行 冷房

海外の冷房は寒い?海外旅行通が教える!冷え性対策には薄手のストールがあると便利

オーロラ 北欧

北欧・寒い地域に旅行に行くなら!おすすめのアウターはウルトラライトダウン

携帯スリッパ

海外旅行でスリッパは必要?旅行の飛行機、ホテルで活躍する折りたたみスリッパ

会話辞典

海外旅行で言葉の壁で困った時の神頼み!!会話辞典が超便利なワケ